定款

(名前)
第1条 このクラブは横浜都筑アマチュア無線倶楽部といいます。
(クラブの事務所)
第2条 このクラブの事務所は横浜市都筑区佐江戸町1965番地の中におきます。
(クラブの目的)
第3条 営利を目的としないで、アマチュア無線に関するいろいろな調査や研究を行い、また、
クラブの友好を深め、あわせてアマチュア無線の発展に寄与します。
(クラブの仕事)
第4条 このクラブは次の仕事を行います。
(1)アマチュア局を置いて運用すること。 (2)アマチュア無線について調査
と研究すること。 (3)その他、クラブの目的を果たすために必要なこと。
(クラブ員)
第5条 このクラブのクラブ員は正員と准員の2種類とします。
(1)正員はアマチュア局の操作ができる無線従事者の資格を有するもの。
(2)准員は(1)にあげた資格を持っていないが、アマチュア無線技術を身につけた
い者、または、アマチュア無線に興味を持っている者。
(会費)
第6条 クラブ員は、次の会費を納めるものとします。
(1)入会金1000円 (2)会費年額3000円(半年分分納も可とする)
(3)高校生の年会費は1500円(4)小中学生の年会費は500円
(5)家族会員の入会金は免除 (6)小中学生を除く女性会員の会費は1500円
(クラブ員の資格がなくなるとき)
第7条 クラブ員は、次の場合その資格がなくなります。
(1)理由なく半年以上会費を滞納したとき。(毎年9月30日迄に会費を納入しない場合)
(2)死亡したとき。
(3)法を犯して罰せられたとき。
(4)倶楽部の信用を損なう行為をしたとき。(理事会で協議し除名することができる)
(役員)
第8条 このクラブには、次の役員をおきます。
(1)理事 6人(会長・副会長・会計・理事)
(2)監事 1人
(3)相談役 1人
(役員の決め方)
第9条 役員の決め方は、次の通りとします。
(1)理事と監事は、正員の中から選挙又は推薦し出席者の半数以上の同意で決定します。
(2)会長と副会長及び会計は理事の中から決めます。
(役員の期間)
第10条 役員になった者の期間は、2年とします。しかし、再び選ばれることはかまいません。
(役員の仕事)
 横浜都筑アマチュア無線倶楽部定款
第11条 役員は次の仕事を分担します。
(1)会長は、このクラブの代表者で、クラブ全体をまとめる。
(2)副会長は会長の補佐をし、会長不在の時は会長の仕事をする。
(3)会計はクラブの費用を管理し、総会時収支の報告をします。
(4)理事は、会長を助け、クラブの仕事を進める。
(5)監事は、会計と理事が行うクラブの仕事の進め方を監査する。
(6)相談役は、理事の諮問により、意見を述べることができる。
(会議)
第12条 このクラブの会議は次の通りとします。
(1)総会:毎年1回会長が召集し、年度の仕事や予算、クラブのあり方を決めたり役員会
で決めたことを認めたりします。しかし、会員の1/3以上(委任状も含む)出席しなければ
開くことはできません。
(2)役員会:必要なとき会長が召集し、この会の仕事の進め方を決めます。しかし、役員の
半数以上出席しなければ、開くことはできません。
(会議での決め方)
第13条 総会と役員会で決めることは、出席者の半数以上を越えた賛成がなければなりません。
(財産)
第14条 このクラブの財産は、会費、寄付金その他の収入をもってあてます。
第15条 このクラブの会計は、毎年4月1日にはじまり、翌年3月31日で終わります。
(届出)
第16条 会長は、クラブに次のような変更があったときは、総合通信局長に文章で届出ます。
(1)正員に変更があったとき。 (2)このクラブの定款または役員を変更しようとするとき。
(会費の使い方)
第17条 会費は第3条の目的達成のために行う年行事(総会で決議した行事)に使用します。
また、緊急を要する行事については、理事会で決める事ができます。
(行事の際の事故)
第18条 クラブ行事の際の事故に対して、クラブは一切の責任を負いません。
(休会)
第19条 削除
(発足・発効)
第20条 横浜都筑アマチュア無線倶楽部の発足は、1994年4月1日とし、当定款の発効も同日
とします。
(付則)
第21条 (1)会費の納入は直接会計担当に支払うか又は、次の口座に振り込んで下さい。
00210-6-63433(横浜都筑倶楽部)
(2)この定款は2005年4月3日改訂、クラブ総会にて承認されたものです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。